婚約指輪を付けています

婚約指輪とは男性から女性にプロポーズをする際に贈る指輪になります。昔は結納の際に正式に渡すものでしたが、最近では結納の儀も略式となり、結婚前の顔合わせ程度となり指輪もプロポーズした際にそのまま贈るのが主流となってきました。婚約指輪というだけあって、受け取ってから結婚するまでの期間程度しか付けないものと思われがちです。しかし最近では、お互いに婚約の時の気持ちを忘れず歩んでいきたいとう願いも込めて結婚指輪と一緒に重ね付けされる方も増えてきています。最近では重ね付けを考えて、結婚指輪を選ばれる方もいるぐらい、は二人の大切なものへなってきています。
贈る指輪の相場も昔と違って大きく変わってきています。昔は給料三ヶ月分とよく言われていましたが、現在では約20万程度が相場となってきています。これは指輪の価値よりも愛する人への思いというのが重要視されるようになってきたのかもしれないですね。
男性から女性への贈り物は色々とありますが、自分にとって生涯ずっと傍にいてほしいと思える相手だからこそ、その人にだけ唯一贈るものなので、指輪の本当の意味としては短いものですが、二人の今があるのはあの時があったからと、いつまでも時代を紡いでいけるものであります。
なので、結婚指輪と一緒に重ねて付けるのは、とても素敵なことだと思います。いつまでもあの時の気持ちを大事にしていきたい、そんな思いの表れにもなります。
そして、私の妻も結婚指輪と一緒に婚約指輪を付けています。